2017年08月17日

沖縄県でのスキューバダイビングのスポット

沖縄北部の山岳地帯はちょっとした亜熱帯林に覆われています、そして沖縄本島最高峰の与那覇岳(標高498m)などがあります。

一般的にこの地域はヤンバル(山原)と呼ばれています、それに世界中でもここにしか生息していないと言う野鳥ヤンバルクイナ、ノグチゲラやヤンバルテナガコガネなどの野生動物が数多く生息しています。
さらに貴重な植物である慶佐次マングローブ林(東村)やタナガーグムイの植物群落(国頭村)などが多く、大自然を楽しむ事が出来る場所です。

そのために、この地域ではダイビングの他にキャンプやハイキング、カヌーなどのアウトドア、その他にエコツアーもけっこう行われています。

大宜味村喜如嘉は芭蕉布の里としても知られていて、那覇のような都市とは印象が全然違って、「沖縄の原風景」のような素朴さが感じられる地域です。
沖縄本島北部はダイビングサービスの数は少ないですが、ダイビングポイントは豊富で美しいサンゴ礁から、洞窟や豪快なドロップオフまでいろんなバリエーションが楽しめます。

ここでいう北部は、町村でいえば大宜味村、東村、国頭村のあたりの事を指しています。
特に最北端の辺戸岬周辺の海中では同じ沖縄本島の中でも、手つかず感の溢れる海が楽しめるに違いない場所で、断崖絶壁が続く陸上と同じくらい豪快な海中景観を楽しむことができる場所です。

それに、ダイビングスタイルはボートダイビングで、ポイントによってドリフトで潜る場合もあります。こう聞くと中上級者向けと思う方も多いと思いますが、初級者向けのポイントも多いのでそんなに心配は無いと思います。

【沖縄本島北部の行き方】
飛行機で那覇まで来て、那覇から本島北部へは沖縄自動車道を利用し、許田ICから国道58号と進みます。
時間はだいたい3から4時間かかり、那覇からは各リゾートホテルへ高速バスも出ているので利用してみてください。
posted by スキューバダイビング at | 沖縄県でのスキューバダイビングのスポット

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。