2017年08月17日

フィリピンのスキューバダイビングの名所

【マラパスカ】
フィリピンのマラパスカはニタリザメが高い確率で見れて、マンタとの遭遇率も高い事で知られているダイビングスポットです。

ニタリザメが見たいと言う人は毎年ここに来ると早朝の朝食の時間帯に一番に出会う事が出来ます。

ただマラパスカは移動に時間がかかるのが少し問題なんです。

セブ空港から陸路やボートなど移動時間が5時間位かかるのが問題で時間的に考えても一日でマラパスカ入りはちょっと不可能となっていますのでマクタンに宿泊する必要が出てきます。

マラパスカ島に着いた後は、ポイントまでボートで20分ほどで到着します。

こういった地理的に不便な場所にあるので日本人の観光客は少なく、ヨーロッパ人の観光客がリゾート地としてほとんど利用している場所です。

マラパスカは1月から6月頃までがシーズンとしては一番良い時期ですが、一年中ダイビング可能です。
水温は年中暖かく、ウェットスーツは3mm位がいいです。

【モアルボアル】
モアルボアルはリゾート開発があまりされていないため、魚の量も豊富で珊瑚もすごく美しい姿です。

珊瑚は広範囲に広がっていてのんびり出来ます。また反対側の地形はすごくダイナミックなので2種類のダイビングを楽しむ事が出来ます。

水温は26から30℃前後と一年中温かく、透明度も15から20mもあって良い時では30mはあるほどキレイです。

雨季は6月から11月、乾季は12月から5月なのですが雨季と言ってもスコールが時々降る位なのでダイビングには影響は無いといえます。

ただ、台風時期である7月から9月の時期は注意が必要だと思います。
posted by スキューバダイビング at | フィリピンのスキューバダイビングの名所

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。